テンソル・リング(Tensor Ring)~2

少し前からテンソル・リングを作ってほしいと頼まれることが増えました。作り方は簡単で以前の記事にも書いてあるのですが、自作・工作と聞くと拒絶反応を示す方も多いようで、すでにいろいろなサイズ、周波数のリングをお作りしました。
私自身はテンソル・リングで言われているようは効果は実感していないのですが、植物や動物、食品に対する効果を報告してくださる方もいて(自分が検証したわけではないので、そういった報告については書きませんが)、今回の記事も、どうせならブログに載せた方がいいですよとアドバイスをいただいたこともあって書いています。

tensor×4

画像のリングは全てロイヤルキュービット(144MHz…肉体や物質にポジティブに作用するという周波数)で大きいものからフル、ハーフ、4分の1、8分の1で、フルとハーフは前回の記事でご紹介したものと同じですね。4分の1と8分の1は、レジン作品に使用されるという方や、アクセサリー感覚で持ち歩きたいという方から頼まれ、写真ではどうしても違って見えてしまうのですが、実物は磨き上げていますのでピッカピカです。

あと、中に人が座れるくらいの巨大テンソル・リング(3-1/2)も製作しました。ヒーリング目的で使用されるとのことで、こちらはブログの掲載許可をいただいたにも関わらず、撮るのを忘れてしまって写真がありません(´・ω・`)巨大リングの製作は簡単に作れるフルやハーフと違って、正確な長さで切り出すことはもちろん、極太銅線使用で捻りも磨きも実際に作るのは相当しんどいものなので、写真用に気軽にもうひとつ作ろうという気にもなれず、お見せできないのがとても残念ですが、喜んでいただけました(*´∀`)

で、それだけなら新たに記事を書くこともなかったのですが、海外のリング販売業者さんでこういうものを見かけて、同じものが欲しくなって作ってしまったのです。

gthss.jpg

24Kメッキ仕様のハーフ・テンソル・リング(゚∀゚)!

ノーマルリング同様、スマホだと全然キレイに写らなくて、黒地で統一して撮影しようとすると、肉眼とはまったく違って見えてしまうので、白地で肉眼に近い写真を選びました。本当はもっと艶があってキラキラなのですけどね。やっぱりいくら銅を磨いて艶を出しても、さすがに金の怪しげな輝きには敵いませんなぁ。

sst-b1.jpg

ついでに銀メッキのシルバー仕様も。

銀だったらメッキでなくても、銀線と銀ロウで銅リングと同じように純銀リングが作れるのですが、すっごいお金かかるしぃ。失敗できないしぃ。で、メッキにしてみました。メッキそのものはプロに任せないと綺麗にはできないので、今回はいくつかまとめて近場の加工業者さんに依頼しました。そんなにいくつも必要なかったのですが、単品だと割高になるので仕方ないのです(´ε` )

で、これがまだ3つ余っているので、欲しい方がいらしたらお譲りします。ノーマルリング以上に手間が掛かっているのでタダというわけにはいきませんが、作業時間とメッキ代を考慮すれば「小銭稼ぎのボッタクリ」ではないとご納得いただけるかと(´ー`)ノ
※記事を載せてすぐに決まっちゃいました。お譲りできなかった方に新たにお作りした分が1つだけ残っていますので、欲しい方がいらしたらコメントくださるか、直接メールください。

次はいい加減に自作のラジオニクスの紹介をします。
それでは~(*´∀`*)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

TBar Row

Author:TBar Row
怪しげな装置の自作とウエイトトレーニングが好きです。
…が、利用しようとする人ばかりで完全にやる気がなくなりました☆

プロフ写真はamira_aさんからお借りしました。
メール ins_herua3@yahoo.co.jp

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

FC2 Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ