シューマン・レゾナンス発生器

srkb988.jpg

これは地球の共振周波数と言われる「シューマン・レゾナンス」と同じ7.83Hzの電磁波を発生する器具です。地球の生物は人間も含め、太古の昔からこの周波数の電磁波を浴びて生活してきたそうですが、文明の利器を利用せずには生きていく事すらままならない現在、私たちは乱れに乱れまくった電磁波環境の中で生活しています。そこで地球の自然な周波数である7.83Hzの電磁波を人工的に発生させて、少しでも電磁波環境を改善できたらアラやだ素敵!というわけで、今では様々なお金儲けに利用されています。

写真の自作品は、周波数を安定させるためにPIC(ワンチップマイコンのひとつ)を使用していますが、7.83Hzの微弱な矩形波をコイルに通すだけという非常に単純な構造です。海外では現在も色々なタイプの器具が販売されていて、日本でもオーディオ用として販売されています。出力を矩形波ではなく正弦波にするのは少し面倒なのですが、私の実験(あくまでも私個人の意見です)では正弦波より矩形波の方が効果が高いという“都合の良い”結果が出ているので、ちょうど良かったです。

写真の左が電池式の携帯型で、右は百均の木箱に入れてみたACアダプタ使用の据え置き型。据え置き型はデザイン的なことを考えず、安く作ることだけを考えたので見た目がヤバイですけど、某所でウン万円で売っている商品と構造は同じです(微笑)。どちらも発生する電磁波は非常に弱いもので、電磁波測定器が僅かに反応する程度ですが、これで十分シールド効果があるようで、出力をかなり高めたものも実験的に作りましたが、逆に悪影響が出る気がします。何だかんだ言っても所詮、人工的なものですから限度があるようで、極低周波ということもあって微弱電流で十分なようです。もっとも効果があると言っても、それは肉体的・精神的に体感できるようなレベルではなく…これで体感できる感覚の持ち主なら、現在の電磁波環境ではどこにいようと一瞬で廃人(^_^;)ですので、その辺りを期待し過ぎるとボッタクリ商品に騙されちゃいます。
ご注意を。

PICを使用した電子工作としては難易度はもっとも低く、どちらも製作費は千円以下で簡単に完成します(*´∀`*)しばらく使っていましたが、飽きて放ったらかし…まぁ、その程度ですね。

コメント

非公開コメント

プロフィール

TBar Row

Author:TBar Row
怪しげな装置の自作とウエイトトレーニングが好きです。
…が、利用しようとする人ばかりで完全にやる気がなくなりました☆

プロフ写真はamira_aさんからお借りしました。
メール ins_herua3@yahoo.co.jp

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

FC2 Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ